2013年05月10日

アマゾンアソシエイト【複利7%で稼ぐ新ネット副業術!】

2階層のアフィリエイトサイトを作成することはすでに説明しました。1階層目のホームページではアマゾンのアフィリエイト、2階層目のブログではグーグルのアドセンスで稼ぎます。それぞれの階層でお金を稼ぐ仕組みを組み込んでいるのが特徴です。ここでは、1階層目のホームページに組み込むアマゾンのアフィリエイトについて説明します。

◆アマゾンアソシエイトの特徴

アフィリエイトというとパソコン(PC)ではA8.net、携帯ではSmart-C(スマートシー)が有名ですが、これらの業者をまとめてASP(Affiliate Service Provider)と呼びます。アフィリエイトとは、「提携する」「加盟する」という意味ですが、簡単に言うとあなたが会社と提携することによって、その会社が提供している商品を売ることで報酬が得られる仕組みをいいます。ネット版の販売代理店と思っていただければ分かりやすいと思います。ASPは、商品を売りたい会社と商品を紹介する人(アフィリエイターと呼ぶ)の仲介を行う仕事をしています。

あなたがアフィリエイトを行うには、まずASPに登録する必要があります。ASPには、商品を販売(紹介)して欲しい会社がたくさん登録されています。ASPによって呼び方が異なりますが、これをアフィリエイトプログラムとかアフィリエイト案件と呼びます。ここでは、アフィリエイト案件と呼ぶことにします。アフィリエイト案件には、商品、サービス、資料請求、見積もりなどいろんな案件があります。あなたが特定の商品を紹介したいときは、その商品を提供している会社に提携を申請します。そして、提携が承認されれば、その商品を紹介することができます。あなたは、ウェブサイトやブログでその商品を紹介して、商品が売れれば紹介料が入ります。つまり、個別の商品ごとにその商品を提供している会社と提携しないと紹介できない仕組みになっています。これって結構煩わしいと思いませんか。

アマゾンの場合、アマゾンと提携するだけでアマゾンが販売しているすべての商品を紹介することができます。A8.netやSmart-Cのように、個別の商品ごとに提携する必要がないのでとてもシンプルです。たとえば、あなたがサイトで「Yahoo!リスティング広告」という本を紹介してユーザーをアマゾンのサイトに誘導したとします。ユーザーは、その本の内容を調べているとき別の本「Google AdWords成功の法則」も欲しくなって2冊購入したとします。この場合、あなたには2冊分の紹介料(報酬)が手に入ります。つまり、あなたは、ユーザーをアマゾンのサイトに誘導するだけでよいのです。アマゾンに誘導されたユーザーが、勝手に1個でも2個でも自分の欲しいものを購入してくれます。A8.netやSmart-Cと比べると、とてもラクだと思いませんか。
posted by sideline at 06:55 | 【記 事】全章の個別記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。